スーパーヒーロージェネレーション スペシャルサウンドエディションから音源を引っこ抜きたい

音源化されていない楽曲がフルバージョン収録されているらしく、なんとか引っこ抜きたくていろいろ手をつけてみた。てかCD出してください。 

  • まずは初期型PS3ヤフオクで入手。FW4.81だったのでOFW4.82にしてflash_482.hexを適用、CFW4.82 (FERROX 4.82 v1.01 COBRA 7.55) に更新。手順は【新】PS3最新FW4.82でCFW導入!NOR/NAND Software Flash Writer 2.0 | すろがじぇっと!を参考にしてみた。
    • flash_482.hex適用時、いろいろ罠があった。まずはUSBメモリPS3の相性。Silicon PowerUSBメモリが手元にあったので使おうとしたら本体が認識しない (写真とかのアプリからも見えない)。ググってみると昔から相性問題は指摘されていた。Transcendのを改めて購入したところ、こちらは問題なし。 
    • 無事本体から認識されて、[Patch...] を押してflash_482.hexの適用を開始したところ、20分待っても終わらない。試しにUSBメモリをフォーマットしてhexファイルだけを配置した状態でやり直したところ、うまく行った。無精するためにCFWのPS3UPDAT.PUPも配置済みの状態でやっていたのが良くなかったのか?
    • FERROX 4.82 v1.01はすんなり入ったものの、本体バージョンのところは「4.82」の表記のままだったのでわかりにくかった。起動時にFERROXの画像が出てくるので、一応当たったかどうかは確認できる。
  • PSXHAXからMultiMANをダウンロードしてPS3に導入。
  • データファイル漁り準備のためMultiMANでBDからHDDにバックアップ取得
  • 拡張子cpkのファイルがある。とりあえずPREMIUM.CPKってのがそれっぽいかな…? (通常版にはPREMIUM.CPK入れないでいて、スペシャサウンドエディションだけ入れておくとかやってるのではないか?)
  • CPKファイルからファイルを引っこ抜いている例を探したところ、cpk_unpack.exeというバイナリが必要っぽいことがわかる。

    ayasuke2.exblog.jp

  • 探してみたところStream ripping toolsでutf_tab suiteの一部としてcpk_unpack.exeが含まれていることがわかったので落としてみると、見事PREMIUM.CPKの展開に成功、data/sound2/bgmというディレクトリ構成になっていた。これは当たりでは…?
  • 問題は拡張子HCAって何だよと思ったら、CRIWAREの形式らしい。これはこれでどうやって展開するんだよと思ったら、展開の仕方を説明しているムービーを発見。しかし入手法がわからん…けれど、ファイル名は見えた。HCADecoderだな!

    www.youtube.com

  • HCADecoderでググったらすぐにGitHubにたどり着いた! とりあえず1ファイル処理してみる…ビンゴ! あとは対象ファイルを探すだけだ。

    github.com

  • Vo入りのファイルってことはループ範囲が広いからファイルサイズがでかいはず…と当たりをつけて、パッケージを見るとEXTRACTIONは後ろの方に載っている。ので後ろのファイルから順番に展開してみると、bgm149.hcaが見事EXTRACTIONだった! やったぜ!!!

Raspberry Pi 3 B+でFreeBSDを動かしたメモ (3)

なかなか進捗しない…。GW中に少しは進めるかな?

今日はUSB接続のHDDの見え方が怪しいので手を入れてみた。繋いだのはMARSHALのMAL33000EX3-BK × 4本。いや、安かったし…。メーカーのWebを見てもUSB←→SATAのチップに何を使っているか分からないので手探り。

ugen0.6: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD> at usbus0
umass0 on uhub3
umass0: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD, class 0/0, rev 2.10/5.05, addr 6> on usbus0
(probe0:umass-sim0:0:0:0): INQUIRY. CDB: 12 00 00 00 24 00
(probe0:umass-sim0:0:0:0): CAM status: CCB request completed with an error
(probe0:umass-sim0:0:0:0): Retrying command, 3 more tries remain
da0 at umass-sim0 bus 0 scbus0 target 0 lun 0
da0: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL 0505> Fixed Direct Access SPC-4 SCSI device
da0: Serial Number 000000000001
da0: 40.000MB/s transfers
da0: 2861588MB (5860533168 512 byte sectors)
da0: quirks=0x2<NO_6_BYTE>
ugen0.7: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD> at usbus0
umass1 on uhub3
umass1: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD, class 0/0, rev 2.10/5.05, addr 7> on usbus0
da1 at umass-sim1 bus 1 scbus1 target 0 lun 0
da1: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL 0505> Fixed Direct Access SPC-4 SCSI device
da1: Serial Number 000000000001
da1: 40.000MB/s transfers
da1: 2861588MB (5860533168 512 byte sectors)
da1: quirks=0x2<NO_6_BYTE>
ue0: link state changed to UP
muge0: Chip ID 0x7800 rev 0002
ue0: link state changed to DOWN
(da0:umass-sim0:0:0:0): READ(16). CDB: 88 00 00 00 00 01 5d 50 a3 ae 00 00 00 01 00 00
(da0:umass-sim0:0:0:0): CAM status: SCSI Status Error
(da0:umass-sim0:0:0:0): SCSI status: Check Condition
(da0:umass-sim0:0:0:0): SCSI sense: NOT READY asc:4,1 (Logical unit is in process of becoming ready)
(da0:umass-sim0:0:0:0): Polling device for readiness
ue0: link state changed to UP
(da1:umass-sim1:1:0:0): READ(16). CDB: 88 00 00 00 00 01 5d 50 a3 ae 00 00 00 01 00 00
(da1:umass-sim1:1:0:0): CAM status: SCSI Status Error
(da1:umass-sim1:1:0:0): SCSI status: Check Condition
(da1:umass-sim1:1:0:0): SCSI sense: NOT READY asc:4,1 (Logical unit is in process of becoming ready)
(da1:umass-sim1:1:0:0): Polling device for readiness

この時点で既にいくつかおかしい。

  1. 4本繋いだのに2本しか見えていない → これはUSBメモリ起動していたときに、USBメモリとUSB HDDを一緒に繋ぐと立ち上がらなくなった件と関係あるのかも
  2. da0認識とともに「CAM status: CCB request completed with an error」とか出てきている。ATAとかのプロトコルよく知らないからいろいろ調べなければ
  3. da0、da1ともに「READ(16). CDB: 88 00 00 00 00 01 5d 50 a3 ae 00 00 00 01 00 00」「CAM status: SCSI Status Error」とか出てくる

いろいろググってみたところ、似たようなエラーはUSB quirk設定で討ち取っている事例があったのでUSB quirkから攻めて見る。usb_quirkのmanを見ると、USBデバイスのパラメータチューニングできる模様。特に後者はSCSI系のエラーが出ており、ATAPIプロトコルの使用を強制すると改善できそう?

となるとloader.confにどう仕込むか。manのLOADER TUNABLEの項によるとVendorId、ProductId、LowRevision、HighRevisionを指定してあげればカーネルロードの段階でパラメータを仕込める模様。となるとこのIDが必要。

# usbconfig -d 0.6 dump_device_desc
ugen0.6: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD> at usbus0, cfg=0 md=HOST spd=HIGH (480Mbps) pwr=ON (500mA)

  bLength = 0x0012
  bDescriptorType = 0x0001
  bcdUSB = 0x0210
  bDeviceClass = 0x0000  <Probed by interface class>
  bDeviceSubClass = 0x0000
  bDeviceProtocol = 0x0000
  bMaxPacketSize0 = 0x0040
  idVendor = 0x278a
  idProduct = 0x0001
  bcdDevice = 0x0505
  iManufacturer = 0x0001  <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD>
  iProduct = 0x0002  <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD>
  iSerialNumber = 0x0003  <000000000001>
  bNumConfigurations = 0x0001

ということでこの製品の場合はVendorId = 0x278a、ProductId = 0x0001の模様。Revisionは分からないのでmanに乗っているサンプルを流用 (0~ffff) してloader.confに仕込んでみた。

usb_quirk_load="YES"
hw.usb.quirk.0="0x278a 0x0001 0 0xffff UQ_MSC_FORCE_PROTO_ATAPI"

仕込んだ後のdmesg該当部分はこんな感じ。

ugen0.6: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD> at usbus0
umass0 on uhub3
umass0: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD, class 0/0, rev 2.10/5.05, addr 6> on usbus0
(probe0:umass-sim0:0:0:0): INQUIRY. CDB: 12 00 00 00 24 00
(probe0:umass-sim0:0:0:0): CAM status: CCB request completed with an error
(probe0:umass-sim0:0:0:0): Retrying command, 3 more tries remain
da0 at umass-sim0 bus 0 scbus0 target 0 lun 0
da0: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL 0505> Fixed Direct Access SPC-4 SCSI device
da0: Serial Number 000000000001
da0: 40.000MB/s transfers
da0: 0MB (0 512 byte sectors)
da0: quirks=0x2<NO_6_BYTE>
ugen0.7: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD> at usbus0
umass1 on uhub3
umass1: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD MARSHAL SHELTER EXTERNAL HDD, class 0/0, rev 2.10/5.05, addr 7> on usbus0
(probe0:umass-sim1:1:0:0): INQUIRY. CDB: 12 00 00 00 24 00
(probe0:umass-sim1:1:0:0): CAM status: CCB request completed with an error
(probe0:umass-sim1:1:0:0): Retrying command, 3 more tries remain
da1 at umass-sim1 bus 1 scbus1 target 0 lun 0
da1: <MARSHAL SHELTER EXTERNAL 0505> Fixed Direct Access SPC-4 SCSI device
da1: Serial Number 000000000001
da1: 40.000MB/s transfers
da1: 0MB (0 512 byte sectors)
da1: quirks=0x2<NO_6_BYTE>

前はda0だけCCB requestのエラーが出ていたけれど、da1にも出るようになった。多分状況としては進展してそう。今度はこっちのパラメータチューニングかな?

追記: よく見たら容量が0MBになっており、ちゃんと見えていない状態に…。

Raspberry Pi 3 B+でFreeBSDを動かしたメモ (2)

いろいろ手こずったので。

  • USBメモリブートでUSB HDDぶら下げようとしてみたところ、どうやら現状のFreeBSDのRPI3向けブートローダーはUSB Mass Storage Deviceが複数あると起動デバイスを見失ってしまう模様。素直にSDカードからBootするほうが良さそう。

Raspberry Pi 3 B+でFreeBSDを動かしたメモ

とりあえず雑に書き散らかします。

  • インストールイメージはWindowsからであればFreeBSDのマニュアルによるとImage Writer for Windowsとかで書き込める
  • 最近のRPI3+はデフォルトでUSBブートが有効化されているので、起動イメージを書き込んだUSBメモリを刺して起動で大丈夫っぽい (古いロットに当たった場合は手動で)
  • USBメモリとの相性とは思われるが、mountrootが動くタイミングまでに/dev/da0が認識されないケースあり。この場合mountrootのプロンプトが出たら「ufs:/dev/ufs/rootfs」と入力してあげれば上がる。
  • 初回ブート時はUSBメモリのFSリサイズが走るので結構時間がかかる。
  • mountrootのタイミング対策は/boot/loader.confにdelay設定を入れればOK。↓このへん参考にした。

    forums.freebsd.org

    kern.cam.boot_delay=30000
    kern.cam.scsi_delay=30000
  • RPI3+のWiFiには現状対応できていないため、NWに繋ぐにはEthernet経由になる。手っ取り早く繋ぐには、たとえばラップトップのWiFiEthernetをBridgeして紐で繋ぐとか。
  • nslookupとかdigが無いぞ。。。どうしようFreeBSD 10.0からBINDがベースシステムから除かれたのを忘れてました
  • freebsd-updateは現状使えない。ざんねん。
    root@generic:~ # freebsd-update fetch -v debug
    src component not installed, skipped
    Looking up update.FreeBSD.org mirrors... 3 mirrors found.
    Fetching public key from update1.freebsd.org... fetch: http://update1.freebsd.org/12.0-RELEASE/arm64/pub.ssl: Not Found
    failed.
    Fetching public key from update4.freebsd.org... fetch: http://update4.freebsd.org/12.0-RELEASE/arm64/pub.ssl: Not Found
    failed.
    Fetching public key from update2.freebsd.org... fetch: http://update2.freebsd.org/12.0-RELEASE/arm64/pub.ssl: Not Found
    failed.
    No mirrors remaining, giving up.
  • pkgも使えない…かと思ったら使える。ただし四半期更新っぽいので最新のpkgを使いたいのであればportsを使う必要あり。ただしUSBブートの場合はI/Oが遅いので要注意。またportsでビルドしようとするとautoconfのビルドに当たったあたりで依存関係のループに陥るので、autoconfぐらいはpkgで入れたほうが安全。一度入れてしまえばportsから更新できるし。またpkg versionとか叩く場合はpkgからca_root_nssをいれておかないとpkgの情報の入っているサーバのLet's Encryptの証明書検証でコケるので注意。また予めntpdateでシステム時刻を合わせておくこと。
  • デフォルトではIPv6が有効化されていないのでrtsol -Fで有効化してあげる必要あり。rc.confでifconfig_if名_ipv6の設定を入れてあげると自動的に有効になる。

とりあえず上げるだけなら多少の罠はあるものの難しくはなかった。今後はどの程度元気に動いてくれるのかいろいろ試したい。

あとCPU性能を見たいのでなにかベンチになるもの探さないと。

一応、dmesgはこんな感じ。

---<<BOOT>>---
Copyright (c) 1992-2018 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
        The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 12.0-RELEASE r341666 GENERIC arm64
FreeBSD clang version 6.0.1 (tags/RELEASE_601/final 335540) (based on LLVM 6.0.1)
VT(efifb): resolution 656x416
KLD file umodem.ko is missing dependencies
Starting CPU 1 (1)
Starting CPU 2 (2)
Starting CPU 3 (3)
FreeBSD/SMP: Multiprocessor System Detected: 4 CPUs
random: unblocking device.
random: entropy device external interface
MAP 7ffe000 mode 2 pages 2
MAP 8007000 mode 2 pages 2
MAP 39f35000 mode 2 pages 1
MAP 39f3a000 mode 2 pages 1
MAP 3b347000 mode 2 pages 1
MAP 3f100000 mode 1 pages 1
kbd0 at kbdmux0
ofwbus0: <Open Firmware Device Tree>
simplebus0: <Flattened device tree simple bus> on ofwbus0
ofw_clkbus0: <OFW clocks bus> on ofwbus0
clk_fixed0: <Fixed clock> on ofw_clkbus0
clk_fixed1: <Fixed clock> on ofw_clkbus0
regfix0: <Fixed Regulator> on ofwbus0
regfix1: <Fixed Regulator> on ofwbus0
psci0: <ARM Power State Co-ordination Interface Driver> on ofwbus0
local_intc0: <BCM2836 Interrupt Controller> mem 0x40000000-0x400000ff on simplebus0
intc0: <BCM2835 Interrupt Controller> mem 0x7e00b200-0x7e00b3ff irq 20 on simplebus0
gpio0: <BCM2708/2835 GPIO controller> mem 0x7e200000-0x7e2000b3 irq 22,23 on simplebus0
gpiobus0: <OFW GPIO bus> on gpio0
generic_timer0: <ARMv7 Generic Timer> irq 0,1,2,3 on ofwbus0
Timecounter "ARM MPCore Timecounter" frequency 19200000 Hz quality 1000
Event timer "ARM MPCore Eventtimer" frequency 19200000 Hz quality 1000
bcm_dma0: <BCM2835 DMA Controller> mem 0x7e007000-0x7e007eff irq 4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19 on simplebus0
bcmwd0: <BCM2708/2835 Watchdog> mem 0x7e100000-0x7e100027 on simplebus0
bcmrng0: <Broadcom BCM2835 RNG> mem 0x7e104000-0x7e10400f on simplebus0
mbox0: <BCM2835 VideoCore Mailbox> mem 0x7e00b880-0x7e00b8bf irq 21 on simplebus0
gpioc0: <GPIO controller> on gpio0
uart0: <PrimeCell UART (PL011)> mem 0x7e201000-0x7e201fff irq 24 on simplebus0
uart0: console (115200,n,8,1)
spi0: <BCM2708/2835 SPI controller> mem 0x7e204000-0x7e204fff irq 26 on simplebus0
spibus0: <OFW SPI bus> on spi0
spibus0: <unknown card> at cs 0 mode 0
spibus0: <unknown card> at cs 1 mode 0
iichb0: <BCM2708/2835 BSC controller> mem 0x7e804000-0x7e804fff irq 37 on simplebus0
bcm283x_dwcotg0: <DWC OTG 2.0 integrated USB controller (bcm283x)> mem 0x7e980000-0x7e98ffff,0x7e006000-0x7e006fff irq 43,44 on simplebus0
usbus0 on bcm283x_dwcotg0
sdhci_bcm0: <Broadcom 2708 SDHCI controller> mem 0x7e300000-0x7e3000ff irq 46 on simplebus0
mmc0: <MMC/SD bus> on sdhci_bcm0
fb0: <BCM2835 VT framebuffer driver> on simplebus0
fbd0 on fb0
VT: Replacing driver "efifb" with new "fb".
fb0: 656x416(656x416@0,0) 24bpp
fb0: fbswap: 1, pitch 1968, base 0x3eb33000, screen_size 818688
pmu0: <Performance Monitoring Unit> irq 50 on simplebus0
cpulist0: <Open Firmware CPU Group> on ofwbus0
cpu0: <Open Firmware CPU> on cpulist0
bcm2835_cpufreq0: <CPU Frequency Control> on cpu0
cpu1: <Open Firmware CPU> on cpulist0
cpu2: <Open Firmware CPU> on cpulist0
cpu3: <Open Firmware CPU> on cpulist0
gpioled0: <GPIO LEDs> on ofwbus0
gpioled0: <led1> failed to map pin
cryptosoft0: <software crypto>
Timecounters tick every 1.000 msec
iicbus0: <OFW I2C bus> on iichb0
iic0: <I2C generic I/O> on iicbus0
usbus0: 480Mbps High Speed USB v2.0
mmc0: No compatible cards found on bus
bcm2835_cpufreq0: ARM 600MHz, Core 250MHz, SDRAM 400MHz, Turbo OFF
ugen0.1: <DWCOTG OTG Root HUB> at usbus0
uhub0: <DWCOTG OTG Root HUB, class 9/0, rev 2.00/1.00, addr 1> on usbus0
mbox0: mbox response error
bcm2835_cpufreq0: can't set clock rate (id=3)
uhub0: 1 port with 1 removable, self powered
ugen0.2: <vendor 0x0424 product 0x2514> at usbus0
uhub1 on uhub0
uhub1: <vendor 0x0424 product 0x2514, class 9/0, rev 2.00/b.b3, addr 2> on usbus0
uhub1: MTT enabled
uhub1: 4 ports with 3 removable, self powered
ugen0.3: <vendor 0x0424 product 0x2514> at usbus0
uhub2 on uhub1
uhub2: <vendor 0x0424 product 0x2514, class 9/0, rev 2.00/b.b3, addr 3> on usbus0
uhub2: MTT enabled
uhub2: 3 ports with 2 removable, self powered
ugen0.4: <vendor 0x0424 product 0x7800> at usbus0
muge0 on uhub2
muge0: <vendor 0x0424 product 0x7800, rev 2.10/3.00, addr 4> on usbus0
muge0: Chip ID 0x7800 rev 0002
miibus0: <MII bus> on muge0
ukphy0: <Generic IEEE 802.3u media interface> PHY 1 on miibus0
ukphy0:  none, 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, 1000baseT, 1000baseT-master, 1000baseT-FDX, 1000baseT-FDX-master, auto
ue0: <USB Ethernet> on muge0
ue0: Ethernet address: b8:27:eb:1c:e4:1c
ugen0.5: <UFD 3.0 Silicon-Power32G> at usbus0
umass0 on uhub1
umass0: <UFD 3.0 Silicon-Power32G, class 0/0, rev 2.10/1.10, addr 5> on usbus0
(probe0:umass-sim0:0:0:0): INQUIRY. CDB: 12 00 00 00 24 00
(probe0:umass-sim0:0:0:0): CAM status: CCB request completed with an error
(probe0:umass-sim0:0:0:0): Retrying command, 3 more tries remain
Release APs...done
CPU  0: ARM Cortex-A53 r0p4 affinity:  0
da0 at umass-sim0 bus 0 scbus0 target 0 lun 0
da0: <UFD 3.0 Silicon-Power32G PMAP> Removable Direct Access SPC-4 SCSI device
da0: Serial Number P180275307168A4EA77E7E68
da0: 40.000MB/s transfers
da0: 29574MB (60567552 512 byte sectors)
da0: quirks=0x2<NO_6_BYTE>
Trying to mount root from ufs:/dev/ufs/rootfs [rw]...
 Instruction Set Attributes 0 = <CRC32>
 Instruction Set Attributes 1 = <>
         Processor Features 0 = <AdvSIMD,Float,EL3 32,EL2 32,EL1 32,EL0 32>
         Processor Features 1 = <0>
      Memory Model Features 0 = <4k Granule,64k Granule,MixedEndian,S/NS Mem,16bit ASID,1TB PA>
      Memory Model Features 1 = <>
      Memory Model Features 2 = <32b CCIDX,48b VA>
             Debug Features 0 = <2 CTX Breakpoints,4 Watchpoints,6 Breakpoints,PMUv3,Debug v8>
             Debug Features 1 = <0>
         Auxiliary Features 0 = <0>
         Auxiliary Features 1 = <0>
CPU  1: ARM Cortex-A53 r0p4 affinity:  1
CPU  2: ARM Cortex-A53 r0p4 affinity:  2
CPU  3: ARM Cortex-A53 r0p4 affinity:  3
Warning: no time-of-day clock registered, system time will not be set accurately
lo0: link state changed to UP
muge0: Chip ID 0x7800 rev 0002
ue0: link state changed to DOWN
ue0: link state changed to UP

rc.confはこんな感じ。

hostname="generic"
ifconfig_ue0="ないしょ/24"
ifconfig_ue0_ipv6="inet6 accept_rtadv"
defaultrouter="ないしょ"
rtsold_enable="YES"
sshd_enable="YES"
sendmail_enable="NONE"
sendmail_submit_enable="NO"
sendmail_outbound_enable="NO"
sendmail_msp_queue_enable="NO"
growfs_enable="YES"

ntpd_enable="YES"

あとでまとめるためのリンクメモ

Super Duperのピクルスが懐かしくなってきたので自作してみる

レシピが公開されているけれど、単位がアメリカものなので計算せねば。

食材 (和訳) 分量 (アメリカサイズ) 分量 (日本サイズ) 日本で作りやすそうな分量
White Vinegar ホワイトビネガー 3/4ガロン 2.84L 150cc
Brown Sugar ブラウンシュガー 3/4カップ 180cc 小さじ2
Sea Salt 海塩 1/2カップ 120cc 小さじ1 + 1/3
Garlic Cloves ニンニク (粒のまま) 3/4カップ 180cc 2粒
Mustard Seeds マスタードシード 1/4カップ 60cc 小さじ2/3
Coriander Seeds コリアンダーシード 1/4カップ 60cc 小さじ2/3
Black Pepper 黒胡椒 1/2ティースプーン? 小さじ1/2 少々
Fennel Seeds フェンネルシード 1/4カップ 60cc 小さじ2/3
Whole Chile de Árbol 唐辛子 1/3カップ 80cc 1〜2本
Ice-cold Water 冷水 1ガロン 3.79L 200cc
Cucumbers きゅうり 12.5ポンド 5.67kg 300g

とりあえずきゅうり3本分くらいで計算。1本100gくらいなので。
単位はかなり丸めてます。これで試してから微調整してみよう。

艦これ E-5甲

前哨戦

試行日 試行回数 支援 判定 ドロップ
5/15 1 道中、決戦、基地航空隊 × 2 (+ 防空1、1部隊は距離不足でボス未達) A勝利
5/16 2 道中、決戦、基地航空隊 × 2 (+ 防空1) A勝利
3 道中、決戦、基地航空隊 × 2 (+ 防空1) S勝利
4 道中、決戦、基地航空隊 × 2 (+ 防空1) A勝利




終了時備蓄:燃料70847 / 弾薬73287 / 鉄鋼298865 / ボーキ86436 / バケツ2897

Cマスギミック

試行日 試行回数 支援 判定 ドロップ
5/17 1 基地航空隊 × 2 (+ 防空1) 道中大破 (B)
2 基地航空隊 × 3 S完全勝利



Eマスギミック & ボスゲージ

試行日 試行回数 支援 判定 ドロップ
5/18 1 基地航空隊 × 2 (+ 防空1) 道中大破 (F)
5/19 2 基地航空隊 × 3 A勝利 択捉
3 基地航空隊 × 3 S勝利 山城
5/20 4 基地航空隊 × 3 道中大破 (E)
5 基地航空隊 × 3 道中大破 (F)
6 基地航空隊 × 3 A勝利 神風
7 基地航空隊 × 3 A勝利 藤波
8 基地航空隊 × 3 A勝利 高雄
9 基地航空隊 × 3 道中大破 (F)
10 基地航空隊 × 3 A勝利 長波
11 基地航空隊 × 3 A勝利 愛宕 (Nマス/S勝利: 瑞穂)
12 基地航空隊 × 3 道中大破 (N)
13 基地航空隊 × 3 S勝利 霧島












終了時備蓄:燃料50916 / 弾薬55151 / 鉄鋼290507 / ボーキ63178 / バケツ2856

こりゃRoma掘りは無理だろ…。